院長コラム

当院で行っている近視進行抑制治療について

EDOF  / オルソケラトロジー  / 低濃度アトロピン  / 近視

恵比寿くぼの眼科ではオルソケラトロジーを始めとした、小児の近視抑制治療を行っております。そこで今回は、当院で行っている治療、そして、最近の近視治療の動向についてお話したいと思います。

世界的に近視が急増している

現在、近視が世界的に急増しています。2016年に発表された論文では、2010年には28%であった近視の有病率が2050年には実に人口の52%に、およそ10%が強度近視(とくに近視が進んだ状態)になる1)と言われていましたが、その後のコロナ禍において野外での活動が少なくなり、パソコンなど、近くを見て作業を行う機会が増加したことで、近視の進行にさらなる拍車をかけ、現在、予測を上回るスピードで近視が増加しています。

日本を含む東アジアでは昔から近視が多く、現在すでに、若者の80~90%が近視の状態であると言われています。とくに近視の進んだ、強度近視の状態になると、視覚障害の原因となる近視性の黄斑症や網膜剥離、白内障、緑内障のリスクが飛躍的に上昇するため2)、今、近視の治療と予防が社会的に重要な課題となっています。

このような背景から、近年、近視の進行を抑制するさまざまな治療法が研究されており、いくつかは有効性と安全性が証明され、実際に治療が行われています。今回はそれらの治療法について詳しくお話したいと思います。

子供の近視とは?

まず、近視とはどのような状態でしょうか?

(日本眼科医会ホームページより)

近視とは、眼球が前後にのびて長くなって、網膜の位置より前にピントが合うようになってしまった状態です。
近視の原因は、遺伝的な要因と、環境的な要因の2つが関わり合っていると言われています。遺伝的な原因は、近年解明されつつあります。環境的な要因としては、スマートフォンやタブレットを長時間使うことなどが挙げられます。
通常の近視でしたら、眼鏡やコンタクトで矯正できますが、さらに悪化すると、矯正時の視力も下がってしまいます。

小児の近視進行抑制治療とは?

現在小児近視の治療で国際的にスタンダードだとされているものは

□低濃度アトロピン点眼
□オルソケラトロジー
□多焦点ソフトコンタク トレンズ
□DIMS(defocus incorporated multiple segments)レンズなどの光学的治療
となっています。

それぞれの治療について、詳しく説明していきます。

低濃度アトロピン点眼

低濃度アトロピン点眼とは?

現在、世界で最も広く行われている近視治療で、1日1回就寝前に点眼するだけの負担の少ない治療法です。

低濃度アトロピン点眼の効果とは?

アトロピン点眼(1%点眼)は、古くから小児の近視の進行を抑えることが知られていましたが、まぶしさや手元の見づらさ、アレルギーなどの副作用で約6割が使用を中断3)、また、使用中断後に急激な近視進行がみられるリバウンド反応があるため、使用が難しいと考えられていました。
しかし2012年にシンガポール国立眼科センターでの研究から、低濃度(0.01%)のアトロピン点眼で、近視進行を抑えながらも、副作用の問題がほぼ解消されることが明らかとなり、一躍脚光をあびるようになりました5)

その後の研究で、低濃度(0.025%)アトロピン点眼を行ったときに、副作用を抑えながら最も近視進行抑制効果があることが分かり、現在、臨床では、低濃度(0.025%点眼)アトロピン点眼が多く使用されています。

日本での低濃度アトロピン点眼の治療の現状

現時点では低濃度アトロピン点眼液は、近視進行抑制治療目的での使用が認められていないため、日本で治療を行う場合は自由診療でのみ処方されています。
日本では、2021年に世界初の多施設共同研究に7つの大学病院が参加、0.01%の低濃度アトロピン点眼の近視抑制効果を報告しています。その他の研究報告でも重篤な副作用の報告はなく、安全で効果的な近視抑制治療の方法の一つと言えます。
また2019年から参天製薬が大規模な治験を開始し、2023年10月にフェーズ2/3が終了したとの情報があり、次のステップである国内での承認および販売の開始が待たれます。

低濃度アトロピン点眼を行うメリット、デメリットは?

治療にかかる費用は?

低濃度アトロピン点眼にかかる治療費はすべて自由診療となります。

当院で治療を行う場合

通常の使用で、1か月にマイオピン1本使用。
通院は初回のみ副作用チェックのため1か月後、その後は3か月に1回検査・診察を行う。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは、特殊な形状のハードコンタクトレンズを就寝中に装用することで、角膜の形を変えて、日中の裸眼視力を改善させる治療法です。角膜の形を矯正することで、焦点をうまく合わせることができるようになるため、日中はレンズを外しても、裸眼で遠くのものが見えるようになります。
(メニコンホームページより引用)

オルソケラトロジーの効果とは?

なぜ、オルソケラトロジーが近視の進行を抑制するのか、実はまだすべてが分かっていません。
有力な説の一つとして、「軸外収差理論」というものがあります。成長期に、ピントが網膜上に合っていないと、焦点を合わせるために、眼球の形自体が変形する能力があるため、近視の状態では眼球が病的に前後に長くなってしまうと考えられています。
そのため、近視の進行を防ぐためには適切なピントが結べる状態となるように、眼鏡やコンタクトを使用することが重要だと言われています。ただし、眼鏡や通常のコンタクトでは、網膜の一部にしかピントを合わせることができないのですが、オルソケラトロジーレンズを使用して、角膜の形を変えると、より広範囲に網膜にピントが合うようになるため、近視の進行が抑えられるのではないか、という考え方です。(文献9から引用)

日本でのオルソケラトロジーの治療の状況

日本では2009年に軽度近視の20歳以上の使用が認められ、2016年には20歳未満に対しも使用できるようになりました。6)
その後の様々な研究でも2年間のオルソケラトロジーを行うことで32%~63%の眼軸が伸長することを抑制する効果が認められたこと7)が明らかとなりました。
ただし、保険診療としては認められていないため、自由診療のみの扱いとなります。

オルソケラトロジーを行うメリット、デメリットとは?

オルソケラトロジーは近視を矯正するだけでなく、近視を抑制する効果のある治療として世界中で広く認められてきています。

現時点では、最も近視抑制効果が高く、患者さんの満足度も高いと考えられている治療です。

治療にかかる費用は?

オルソケラトロジーに関する治療費は、すべて自由診療となります。

当院で治療を行う場合


※1 専用レンズの使用料+お試し期間中の検査費+初回ケア用品を含みます。
※2 専用レンズ代+1年間の定期検査代+専用レンズの破損交換保証を含みます。(1年以内、片眼につき、1回まで)
治療の継続を決定後、途中で使用を中断した場合も返金はございません。
※3 通常の使用状態で、2~3年に1度の定期交換が必要です。

感染症のリスクがあるため、最低でも3か月に1回の定期健診が必須となります。

焦点深度拡張型ソフトコンタクトレンズ(EDOFソフトコンタクトレンズ)

焦点深度拡張型ソフトコンタクトレンズとは?

通常のコンタクトレンズでは、焦点が1点に合うように作られていますが、焦点深度拡張型ソフトコンタクトレンズでは、焦点が合う範囲を広げることにより、より広範囲のものが自然な見え方となるように作られています。
(SEEDホームページより引用)

多焦点ソフトコンタクトレンズの効果とは?

多焦点ソフトコンタクトレンズを用いた近視進行抑制治療が行われるようになったのは2008年頃からです。単焦点のコンタクトレンズや眼鏡に比べて20~77%の近視抑制効果が報告されています。2019年に行われた研究によると通常のコンタクトレンズ(単焦点ソフトコンタクトレンズ)より近視進行抑制効果が高いことが報告されています8)
多焦点ソフトコンタクトレンズの近視抑制のメカニズムは、オルソケラトロジーと同様だと考えられていますが、まだよくわかっていない部分が多いのが現状です。

日本での多焦点ソフトコンタクトレンズの治療の状況

現在日本で販売されている1日使い捨てタイプの多焦点ソフトコンタクトレンズで近視進行抑制効果が認められているものは1種類しかなく、シード社から販売されている1DAY pure EDOF(Mid)という焦点深度拡張型(EDOF)デザインのコンタクトレンズになります。日本では成人の老視用として販売されていますが、小児の近視進行抑制治療の用途に対しては、承認されていないため、自由診療となってしまいます。

多焦点ソフトコンタクトレンズのメリットとデメリット



オルソケラトロジーに比べて感染症のリスクが少ないとはいえ、定期的な通院でのフォローアップは必須となっております。

治療にかかる費用は?

近視治療としての使用は、保険診療で認められていないため、自由診療となります。

当院で治療を行う場合

※およそ3か月に1回の通院が必要となります。

参考文献

  • 1) Holden BA, Fricke TR, Wilson DA, et al. Global Prevalence of Myopia and High Myopia and Temporal Trends from 2000 through 2050. Ophthalmology. 2016; 123(5): 1036–1042.
  • 2) Haarman AEG, Enthoven CA, Tideman JWL, Tedja MS, Verhoeven VJM, Klaver CCW. The Complications of Myopia: A Review and Meta-Analysis. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2020; 61(4): 49.
  • 3) Yen MY, Liu JH, Kao SC, et al, : Comparison of the effect of atropine and cyclopentolate on myopia. Ann Ophthalmol 21 : 180-182, 187, 1989.
  • 4) 西山友貴, 森山無価, 深町雅子, 他: 臨床研究 低濃度アトロピン点眼の副作用について. 日眼会誌 119: 812-816, 2015.
  • 5) 中村葉.小児の近視治療:低濃度アトロピン.眼科 グラフィック.2020;9(5):550–557.
  • 6) Hiraoka T. Eye Contact Lens. 2022 Mar 1;48(3)100-104.
  • 7) Yam JC, Jiang Y, Tang SM et al : Low-concentration atropine for myopia pro-gression(LAMP)study : a randomized, double-blinded, placebo-controlled trial of 0. 05 %,0.025%, and 0.01% atropine eye drops in myopia control. Ophthalmology 126 : 113-124,2019.
  • 8) Sankaridurg P, Bakaraju RC, Naduvilath T et al : Myopia control with novel central and peripheral plus contact lenses and extended depth of focus contact lenses : 2 year results from a randomised clinical trial. Ophthalmic Physiol Opt 39 : 294-307,2019
  • 9) 井上文夫 : 小児期の近視の進行要因と予防. 京都女子大学生活福祉学科紀要 17: 31-37, 2022.